架空プロレス団体DESTINY

架空プロレス団体DESTINYのトピックスを投稿します

DESTINY Pre season march PPV「Infinity Possible」

f:id:defensedragoncreation:20220903235221j:image

DESTINY最大のPPV「Infinity Possible」このPPVのメイン戦に出場することはDESTINYにおいて最大の名誉である。また1年間の集大成かつ、節目でもあり、ここからまた新たな1年が幕を上げるのだ。

ここで前回開催のPPV「Dream Road」と、ドリーム・ロード・トーナメントについて触れたい。

f:id:defensedragoncreation:20220627103236j:image

トーナメントは16人で行われ、優勝者はインフェニティ・ポッシブルのメイン戦でDESTINY王座挑戦することができる。DESTINYスター王者のシャドー・イーグル、DESTINYタッグ王者組ロード・ロッケンローラーのウェイストランド・キングとウィズがそれぞれ参加し、DESTINY王者ファルコンとNo.1コンテンダーであったブレイン・ジャックは不参加。トーナメントの1、2回戦はBRAVEで行われ、準決勝、決勝戦はPPVドリーム・ロードで行われる。

参加者

ウェイストランド・キング

ジャスティン・デューク

アレックス・オブライエン

高木翔吾

シャックス(優勝)

ポセイドン

ニック・リーガン

ザ・フィニッシャー

ブラッディ・キース

デザイア・ハート

エリック

ジ・エンターテイナー

シャドー・イーグル

ウィズ

アンダードッグ鬼塚

フライ・キッド

1回戦

・○キング(サブミッション)デューク×

・○オブライエン(ピンフォール)高木×

・○シャックス(ピンフォール)ポセイドン×

・×リーガン(両者リングアウト)フィニッシャー×

・×キース(ピンフォール)ハート○

・○エリック(ピンフォール)エンターテイナー×

・○イーグル(ピンフォール)ウィズ×

・×鬼塚(反則負け)キッド○

2回戦

・○キング(ピンフォール)オブライエン×

・○シャックス、不戦勝(リーガン、フィニッシャーが両者リングアウトとなったため)

・×ハート(ピンフォール)エリック○

・×イーグル(ピンフォール)キッド○

準決勝

・×キング(ピンフォール)シャックス○

・○エリック(ピンフォール)キッド×

勝戦

・○シャックス(ピンフォール)エリック×

優勝者:シャックス

また、DESTINY王座戦ファルコン vs ブレイン・ジャックはファルコンが王座防衛し、インフェニティ・ポッシブルのメイン戦はファルコン vs シャックスとなった。

「Infinity Possible」対戦カード(全9試合)

・DESTINYタッグ王座戦 ロード・ロッケンローラー(ウェイストランド・キング&ウィズ)(c) vs ブラッディ・ジャッカー(ブラッディ・キース&ブレイン・ジャック)

シングルマッチ ポセイドン vs デザイア・ハート

・DESTINY"非公認"アンダードッグ王座戦 5WAYマッチ アンダードッグ鬼塚(c) vs アレックス・オブライエン vs ジャスティン・デューク vs カタストロフィー vs 高木翔吾

シングルマッチ エリック vs ジ・エンターテイナー

・タッグマッチ 三井マキ&青柳紗衣(さえ) vs リサ&ジュディ・テイラー

・DESTINYスター王座戦 ラダーマッチ シャドー・イーグル(c) vs フライ・キッド

・DESTINY女子王座戦 宝生ダリア(c) vs スズキ・ルイ

・ノーDQマッチ ザ・フィニッシャー vs ニック・リーガン

・DESTINY王座戦 ファルコン(c) vs シャックス

試合結果

・DESTINYタッグ王座戦 ロード・ロッケンローラー(ウェイストランド・キング&ウィズ)(c) vs ブラッディ・ジャッカー(ブラッディ・キース&ブレイン・ジャック)

試合・抗争の経緯

特に今まで因縁があるわけではなかったが、王座戦が組まれたことにより、血の気の多い両チームは激しい闘争心を剥き出しにする。前回のPPVでは、王座組のウェイストランド・キングがトーナメントの準決勝まで進出し、一方、挑戦者組のブレイン・ジャックはDESTINY王座に挑戦、あと一歩の所まで追い詰めるなど、双方共にシングルでも結果でも勢いに乗りかけていた。しかし、王者組はDESTINYタッグ王座戦線での強豪であり、その牙城を崩すのは並大抵のことではない。

試合の結果

両チーム互角に試合を進めるが、終盤の混戦にてウィズは必殺技のキラー・ヘッドバット(殺人ヘッドバット)をジャックに決める!だが、その背後をキースが狙うが、そのキースにキングがスリーパー・スープレックスを食らわせ、ウィズのピンチを救う!!勝機を悟ったウィズはコーナーに上り、グロッキーのジャックに大一番の必殺技のダイビング・ヘッドバットを炸裂させ、3カウント、ロード・ロッケンローラーが王座防衛!!

シングルマッチ ポセイドン vs デザイア・ハート

試合・抗争の経緯

両者共にトーナメントに出場したものの、相見えることなく敗退。ポセイドンは初戦敗退、ハートは2回戦敗退だった。ポイントとして抑えておきたいのは両者を破った相手は共に決勝進出者である。しかしポセイドンを破った優勝者シャックスは、かつてポセイドンと熾烈な軍団抗争を繰り広げた者同士だった。ポセイドンはハーキュリーズ率いる正義軍(その他のメンバーはファルコン)に、シャックスは悪魔軍団-デビルズ・ゲート-(その他のメンバーはボディス、シャドー・イーグル)に属していた。勝利を収めたのはポセイドン属する正義軍で、敗戦後のデビルズ・ゲートは勢いを失い、それからボディスが長期欠場しことによって軍団は自然消滅。だが現状、シャックスはトーナメント初戦でポセイドンをクリーンファイトで破っており、ポセイドンはシャックスに大きな差をつけられていた。

そんなポセイドンは前述の通り、ハーキュリーズ率いる正義軍に属すという大きな期待値もあり、体格は小さいながら真っ向勝負のスタイルがファンに支持されていた。しかし、今ではかつてのような勢いを失い、くすぶっていた。

一方、ハートはDESTINYに入団して数ヶ月だったが、トーナメントに出場。エリック相手に2回戦敗退だったものの、敗因はエリック"お得意のテクニック"による丸め込みだった。ハートはポセイドンと比べて、トーナメント敗退については意に介してないようで、王座経験はまだ無いが、寧ろ登り調子だった。トーナメントについて振り返った際、パフォーマンスを含むだろうが、「決勝進出者エリックに敗れたのなら、光栄」と余裕綽々な態度を見せていた。両者にはまだ接点はなかったが、PPVドリーム・ロード終了直後のBRAVEで、ついに相見えることになる。

バックステージでポセイドンがインタビューを受けている時に、たまたまハートが通りがかる。

ハート「やぁやぁ、君はポセイドンではないか。」

ポセイドン「なんだ?」

ハート「しかし、君よりも私の方が注目されるべきではないのかね?」

ポセイドン「どうしてだ?」

ハート「私は君とは違ってデビュー後もまだ勢いは失ってはない。だが君は失速中、それにトーナメント初戦敗退だ。私は2回戦には進出した。この違いは大きい。確かに君は真っ向勝負が持ち味らしいが、いつも君は木っ端微塵になる。当たって砕けてはなんら結果は出していない。そろそろ、君は去り時ではないかね?」

ポセイドン「確かに俺は結果を出していない。だが、諦めちゃいない!それにお前さんは俺にマウントを取れる程の結果を出しちゃいないだろうが。」

ハート「よし、それなら血気盛んな君にチャンスをやろう。インフェニティ・ポッシブルで私と一騎打ちをしよう。君が勝てば、君の実力はまだ健在だと証明できる。逆に私が勝てば、私はさらに勢いがつく。まぁ君に勝ったとて、その結果はたかが知れてるが、どうかね?」

ポセイドン「・・・・・・、俺の答えはこうだ。」

ポセイドンはハートを殴り倒す。

ポセイドン「あまり図に乗るなよ。」

こうして両者に因縁が生まれ、試合が決定した。

試合の結果

両者組み合って試合開始。ハートはポセイドンの腕を取るが、ポセイドンはロープに振って回避。ポセイドンはハートを待ち構えてクローズラインを狙うが、2回連続屈まれて回避される。3回目でハートはポセイドンの背後に回ったものの、技には移行せず。すぐさまポセイドンは振り返り、両者見合う。ハートは両手を広げて挑発的なアピール!ポセイドンはそれに反応してハートを殴り倒す。それから2発パンチを放ち、その度に倒れては起き上がるハート。ポセイドンはロープに走り、リバウンドしてくるが、ハートはフワッと飛び上がる独特のドロップ・キックで迎撃。

中盤、ポセイドンはハリケーンラナでそのままハートをフォール。ハートはカウント2で返し、逆に体勢を入れ替えてポセイドンを丸め込む!ポセイドンは2で返し、それから両者意地の丸め込み合戦となる!!しかし、それでは決着とはならず、痺れを切らしたハートはポセイドンをブルドッグでダウンさせる。続け様にハートはロープに向かって走り、セカンドロープをバネにポセイドンに向かってクロスボディを敢行。だがポセイドンは避けつつボディブローで迎撃して、そのままDDT!!

終盤、ハートは得意技のテキサス・クローバー・ホールド!ポセイドンはギブアップしないが、確実に体力は奪われていく。それでもなんとかポセイドンは這ってロープブレイク。ハートは「私の方が上だ!君は大したことないよ!」と言って、ポセイドンの頭を軽く足蹴にし、はポセイドンを起き上がらせて、得意技のハーフ・フルネルソンスープレックスを狙うが、ポセイドンはかわして背後に回り、逆に得意技のレッグ・ホック・バック・スープレックス!そのままホールドするが、カウントは2!!優勢のポセイドンはハートを起こすが、突如、スモール・パッケージで丸め込まれる!だがポセイドンはカウント2で返す!!だがハートはポセイドンの腹に膝蹴りを浴びせて、ハーフ・フルネルソンスープレックスで放り投げる!!強烈な一撃により、ポセイドンはグロッキー。勝機を悟ったハートはポセイドンを必殺技のデスバレー・ボムの体勢で持ち上げる。しかし、ポセイドンは抵抗してハートの背後に着地、距離をとって必殺技のランニング・ニー!!ポセイドンはハートをフォールし、勝利!!

・DESTINY"非公認"アンダードッグ王座戦 5WAYマッチ アンダードッグ鬼塚(c) vs アレックス・オブライエン vs ジャスティン・デューク vs カタストロフィー vs 高木翔吾

試合・抗争の経緯

この一戦も特に出場同士の因縁があるわけでもなく、PPVということで特別に組まれた試合形式(この試合は5人で戦うが、誰かがフォールまたはタップを奪った時点で試合終了し、勝者となる)である。ちなみに、この試合の出場者のデュークと高木は同じ歳ということもあり、タッグを組む仲であった。

試合の結果

5WAYのアンダードッグ王座戦ということで目まぐるしい展開となり、また至る所で激しい衝突が繰り広げられた。

中盤、翔吾とデュークがリング上で睨み合う。しかし、翔吾はオブライエンに、デュークはカタストロフィーに攻撃される。終盤、鬼塚とデュークの一騎打ちとなる。鬼塚はデュークに向かって椅子を振り下ろそうとするが、カウンターのドロップキックを食らう!椅子目掛けてのドロップキックだったので威力抜群である。デュークは鬼塚の手から離れた椅子を拾う。それを見た鬼塚は、自分を椅子で殴れとジェスチャー。一瞬、躊躇ったものの、デュークは鬼塚を椅子で殴り、それから椅子をマットに置いて、そこにバタフライ・エフェクト(ダブル・アーム・DDT)を決める!デュークは鬼塚をフォールし、勝利。デュークが新王者となる!!

シングルマッチ エリック vs ジ・エンターテイナー

試合・抗争の経緯

モテ男エリックと偏屈社会派のエンターテイナー。以前から因縁のあった両者はトーナメントの1回戦でぶつかることになった。エンターテイナーは因縁の相手であるエリックを倒した上で優勝をするとアピールし、いつも以上に気合いが入っていた。

試合はエンターテイナーが果敢に攻めるが、最終的にエリック"お得意のテクニック"に翻弄され、初戦敗退となった。試合後、エンターテイナーは気合いが空回りし、エリックに敗れたことで半泣きでバックステージへと消えていった。その後のインタビューでは烈火の如くキレていた。

一方、エンターテイナーを破ったエリックはトーナメントに集中し、決勝戦に進出。

勝戦の終盤、エリックはシャックスに得意技のシャックス・ドライバー(ノーザンライト・ボム)を決められそうになるが、持ち上げられた瞬間、カウンターで必殺技のシンボル・カッターを決める。グロッキーのシャックスを前に、エリックは大一番の必殺技のジェット・スプラッシュ(フロッグ・スプラッシュ)を出す為にコーナーに上がる。だがそこに突如、エンターテイナーが乱入してくる。エンターテイナーはリングサイドをうろついて手出しはしなかったが、エリックは警戒して技を出せない。その隙に復活したシャックスがトップロープに寄りかかり、ロープの揺れによって体勢を崩したエリックは支柱とターンバックルの間に股間を打ち付ける。エリックはコーナーからシャックスに引っ張られ、シャックス・ドライバーから続け様の、必殺技のSDM-スパークリング・デビルズ・サモン-(シャイニング・ウィザード)を食らい、3カウント取られて敗北。エリックは惜しくも優勝者を逃した。

PPV明けのBRAVEにて、エリックはリング上でエンターテイナーへの怒りを表明。それを受けたエンターテイナーはエリックの元にやって来る。

エンターテイナー「俺様はフェイス、スタイル、ボイス全て整ってる男だ。それに最も過小評価されてる男でもある。エリック、俺様はお前よりも優れてる。だが、だいたいいつも評価されるのはお前のようなヤツだ。そう、お前は強者の論理の体現者なんだ。なんでも独り占めする。スポットライトだけじゃない、お前はモテ男だ。その弊害で俺様たちがまるで無能のように映る。お前みたいなヤツは男のロールモデル面をするな。そしてお前に告ぐ、独占禁止法だ。それに伴い、お前を処罰し、夢の舞台インフェニティ・ポッシブルで去勢してやる。」

エリック「俺のモノはそんな簡単に折れないぜ。それに俺が独占?いやそれはお前たちに魅力がないんだろ?」

エンターテイナー「でたぞ!!これぞまさに強者のレトリック!!悪いのは全部、努力が足らない、自己責任だ!!そうすれば、責任転嫁できるもんな?」

エリック「お前はいつもよく分からない因縁をつける。なぜ、俺の邪魔をしたんだ?お前のそのロジックで俺にも、みんなにも納得のいく説明をしてくれよ。」

エンターテイナー「確かにあの時、お前は俺様に勝った。それは厳然だる事実だ。覆りようがない。しかし、このままお前を優勝させるわけにはいかった。」

エリック「なぜだ?」

エンターテイナー「この文明社会的に良くないからだ。」

エリック「は!?」

エンターテイナー「お前は強者の権化だ。このままお前が優勝して、さらにスポットライトを浴びることになると格差の助長に繋がる。」

エリック「はっきり言えよ、俺に負けたのが悔しって。素直じゃないヤツはモテないぞ。」

エンターテイナー「それは短絡的な発想だ。いいか、お前みたいなヤツは人生において反則を犯して生きてきた。だがそのくせにチヤホヤされている。それを見る度に、いかにルールを厳守することがバカらしく思える。ルールを厳守してるのは普通。でも、ルールを破るのは立派なステータスだと?反吐が出るぜ。俺様たちはそれを眺めている人生なのか?いや、俺様はチルドレン(自分のファンの名称)に誓った。お前を潰すことで、こんなクソみたいで最悪な、しかも目立ちたがり屋で利己的なものが跋扈する社会を変えるきっかけになると。そのためならば、俺様は手段を選ばない。そう、お前に倣ってルールを破り、罰を与えたんだ。それからお前は夢の舞台で俺様に断罪され、自分の人生をやっと省みることになるのだ。」

エリック「そんなのはただの負け犬の遠吠えだ。」

エンターテイナー「お前に良いことを教えてやる。世の中は勝ち犬よりも負け犬の方が多いんだ。あまり負け犬達を敵に回さん方ががいいぞ。」

エリック「俺にはそんなこと関係ねぇ。ただひたすら、勝ち犬になるだけさ。」

エンターテイナー「それが思いやりの無さだ。お前の罪だ。大罪だ。だからこそ、夢の舞台で俺様達はお前を断罪する。覚悟しろ。」

エリック「むしろ、お前の方が俺に断罪されるぜ。贖罪の準備でもしとけよ。」

試合の結果

エンターテイナーが先に入場し、エリックは後から、美女2人連れて入場してくる。それをリングサイドで見ていたエンターテイナーは指差しながら、実況に向かって何やらブツブツと文句を言っている。

試合開始、エンターテイナーはエリックの"テクニック"を警戒しながらの立ち上がり。しかし、エリックは捻りを加えたエンズイギリを放つなど、テクニックだけはではないことをアピール。それに負けじと、エンターテイナーはパンチやエルボーの打撃で応戦。中盤、エリックはエンターテイナーの隙をついてスクール・ボーイで丸め込み、テクニックを炸裂させる。しかし、エンターテイナーは2で返すと、即座にエリックの背後から左の膝裏に向かってエルボー気味のチョップ・ブロック!!足へのピンポイントの技のため、尾を引く攻撃である。それから、エンターテイナーはエリックの左足にエルボーを放ち、さらに左足を掴んで、レッグ・スラムで叩きつける!!エンターテイナーはエリックの左足を徹底的に痛めつけてから、満を持しての得意技のフィギュア・4・レッグロック!!だが、エリックは苦痛と戦いながらなんとか裏返し、逆にエンターテイナーが悶絶することに!!エンターテイナーはたまらず、技を解く。それでもエリックの方がダメージが大きかった。エリックは反撃を試みるが、エンターテイナーは即座に痛めた左足にキックを食らわせ、怯ませる。それから、オリジナルの得意技のダブルアーム・ガットブレイカーを炸裂させる!!しかし、カウントは2!!

終盤、エンターテイナーは得意技の変形ネックブリーカー(相手の片腕を首に絡めた上でのネックブリーカー)をかけようとするが、エリックは片手で突き飛ばし、回避する。だが、勢い余ってエンターテイナーはレフェリーとぶつかり、レフェリーは倒れてしまう。その隙をついて、エリックはエンターテイナーにローブロー!観客からは大歓声!!逆にエンターテイナーが去勢されることに!!股間を抑えるエンターテイナーをエリックがスモール・パッケージで丸め込む!!レフェリーはなんとか立ち上がり、少し遅れながらもカウントをするが、エンターテイナーはなんとかギリギリ2で返す!!エリックは足を痛めているため、エンターテイナーの方が先に起き上がり、エリックの後頭部に向かってアックス・ボンバー!!エンターテイナーはエリックが起き上がるのを待ち構える。そして、必殺技のフェイス・チェック(フェイスバスター)を放とうとエリックに向かって走るが、カウンターのシンボル・カットを食らう!そのまま、エリックはコーナーに登り、ジェット・スプラッシュを決め、フォール、エリックの勝利!!

・タッグマッチ タッグマッチ 三井マキ&青柳紗衣 vs リサ&ジュディ・テイラー

試合・抗争の経緯

青柳は元グラドルでつい最近プロレスデビューしたばかりで、タッグパートナーの三井も元アイドルとして活動していた過去があった。また、三井はプロレスデビュー以降、スズキ・ルイのタッグパートナーとして活躍していた。しかし、悪女リサが青柳と三井の過去の活動に対して、批判するプロモをリング上で行う。

リサ「なんか、元グラドルと元アイドルが堂々とここにいるけど、ぶっちゃけ過去の活動とかまったく知らないんだけどー!!ってか、誰も知らないでしょ!!ちょっと、検索してみる。」

(スマホで検索して)

リサ「私でもできるわよ!!あんな2人よりも私の方がよっぽど華があるからね!!それに私の方が遥かにセクシーだし。」

それを受けた青柳と三井が反応、リサの入るリングにやってくる。

リサ「ちょっと、ちょっと、やってきたよ。」

三井「おい、バカにすんなよ!!本気じゃなきゃ、この場にいねぇっつうの!!」

リサ「なんかムカつくのよ。"私たち真剣にやってまーす"ってアピールが。(急に語気を荒げて)あざてぇーんだよ!!

青柳はリサにビンタし、乱闘になる。三井は青柳とリサの間に入って仲裁。しかし、そこにリサと友好関係にあるジュディがやってきて、青柳に強烈なビンタで張り倒す。それを見た三井はジュディを睨みつけるが、背後からリサが三井にエルボーを食らわす。

ジュディは「ぶりっ子は消えな!!」と捨て台詞を吐いて、リサと共にリングを後にする。

青柳と三井、リサとジュディの抗争が始まった。

試合の結果

混戦の最中、リサはマキに必殺技のリサ・ブレイカー(スインギング・ネックブリーカー)を決める。技を食らったマキは転がるようにリングアウトして場外でダウン。青柳は孤立することになる。リサとジュディは紗衣にツープラトンスープレックス!対戦権のあるジュディがカバーするが、カウントは2!!そして、ジュディと青柳の一騎打ちとなるが、経験の勝るジュディが圧倒、ビンタをするなど挑発する。ジュディは遊びは終わりとばかりに必殺技のスリル・ドロップ(ケルティック・クロス)をかけよくとするが、マキがなんとか復活し、リング外でリサは応戦しようと待ち構えるが、マキは必殺技のハイマキック(ハイキック)を決める。ジュディは青柳を持ち上げたまま、そっちに注意が入ってしまい、青柳がその隙をついて回転十字固めを決め、3カウント、逆転勝利!!

・DESTINYスター王座戦 ラダーマッチ シャドー・イーグル(c) vs フライ・キッド

試合・抗争の経緯

トーナメント2回戦で両者はぶつかった。キッドはスター王者イーグルを破り、準決勝に進出。惜しくも敗れたが、スター王者を破ったことで、その実力は健在だとファンにアピールした。一方、イーグルはスター王者としてDESTINY王座を獲得するという、つまり史上初の2冠王者を狙っていたが、そのチャンスをキッドに阻まれた。基本的にスター王座を保持する選手はDESTINY王座に挑戦することはない。そのため、トーナメントは現状、2冠王者への唯一のチャンスであった。

キッドはトーナメントでイーグルを破ったということからスター王座挑戦に意欲を示し、イーグルは2冠王者のチャンスを阻んだキッドへのリベンジということで、両者はインフェニティ・ポッシブルにてスター王座戦で戦うことが決定した。

直前のBRAVEにて、スター王座戦の試合形式についてイーグルはラダー・マッチ(天井からワイヤーで吊るされたベルトをハシゴに登り、取ったら勝ち)で行うことを提案。キッドはそれを受託し、スター王座戦はラダー・マッチで行うことが決定する。

試合の結果

反則なしのルールなのでラダー、椅子を凶器として使用。それだけでなく、テーブルまで持ち出すという実質、TLC(Tables、Ladders、Chairsの略)戦となった。

またラダーマッチという性質上、一方がベルトを目指してラダーを登れば、もう一方が阻止にかかるため、一進一退の攻防が繰り広げられた。イーグルは必殺技のタイガー・ボムをキッドに決める!そのままラダーに上るが、ベルトに目もくれず、ダイビング・スワントーンを決める!!会場は大盛り上がり。その後、形勢逆転をしたキッドは必殺技のカナディアン・ネックブリーカーをイーグルに決め、お返しとばかりにラダーに登って、ダイビング・ボディプレスを敢行!!また会場は大盛り上がり!!キッドはボロボロの身体でベルトを目指してラダーを登る。やっとベルトに手が届く位置まで到達したが、イーグルも逆側から登ってくる。お互い、ラダーの上で殴り合う。乱打戦を制したのはイーグルで、ラダーにもたれ掛かるキッドにエルボーを決めようとするが、頭を下げてかわされる。キッドはイーグルの隙をついてパンチを食らわし、そのまま頭を掴んで天板にぶつける。キッドは怯んだイーグルを片手で払い落とし、イーグルはそのままラダーの隣に立てかけてあったテーブルに落下、テーブルは真っ二つに!キッドはベルトを獲得、新スター王者となる!

・DESTINY女子王座戦 宝生ダリア(c) vs スズキ・ルイ

試合・抗争の経緯

DESTINY女子"絶対王者"のダリアと、DESTINY女子の象徴のルイ。言い換えるなら、実力のダリアと人気のルイ。だからこそ、両者は相容れぬ関係である。これまでダリアはDESTINY女子王座を何度も防衛し、その防衛ロードの過程でルイを退いてきた。ルイは悔しい思いをしたものの、森奈イヴとコラボするなどし、DESTINY女子の戦いを盛り上げた功労者である。その2人がついにインフェニティ・ポッシブルの舞台で戦うということは、この2人の抗争に一旦区切りがつくというファンの見方があり、非常に注目された。

試合の結果

スズキ・ルイの入場曲「明日へのレッスル」を森奈イヴが会場で唄う!

試合開始のコングが鳴り、お互い睨み合う。ルイはいきなり、先手のエルボースマッシュ!!ダリアも同じくエルボースマッシュで応戦。エルボー合戦で幕を開けた。それからルイは渾身のジャーマン・スープレックス・ホールドをダリアに決める!!しかし、カウントは2!!負けじとダリアもジャーマン・スープレックス・ホールド!!ルイは意地でカウント2で返す!

中盤、ダリアはルイに得意技のチキン・ウイング・フェイス・ロック。しばらく、ダリアに技をかけ続けられるルイだが、なんとか膝をついて起き上がる。それでもダリアは技を解かない。ルイはダリアを背負う形で背後からコーナーに向かい、ダリアをターンバックにぶつける。ダリアは技を解いてターンバックルにもたれ掛かる。ルイはひと呼吸おいた後、ダリアにエルボースマッシュを連発して、ダリアをコーナーから片手でどかし、コーナーに上がってダイビング・クロスボディ!!ダリアはなんと、そのままキャッチして強烈なボディスラム!!ダリアにスイッチが入ったのか、雄叫びを上げて逆にコーナーに上がる。そして大一番の技ムーンサルト・プレスを解禁!!そのままカバー!!ルイはカウント2で返す!!ダリアは信じられないという表情!

終盤、ルイは必殺技のタイガー・スープレックスをかけようとするが、ダリアは体勢を素早く入れ替えて必殺技のフィッシャーマン・ドライバー!!そのままカバーし、勝利!ダリアは王座防衛!!ルイは泣きながらリングを後にする。

・ノーDQマッチ ザ・フィニッシャー vs ニック・リーガン

試合・抗争の経緯

あの事件で負ったケガから復帰し、これからというフィニッシャーと、破竹の勢いで連勝街道を進むリーガンがついにトーナメントの1回戦で顔を合わせることになった。両者とも優勝候補とされているだけに注目の一戦となっていたが、結果は両者リングアウトでのドローとなった。序盤は両者壮絶な殴り合いで観客も熱狂。フィニッシャーは元総合選手のリーガン相手に一歩も引かないファイトを見せたが、要所要所でリーガンの攻めが効いており、どちらかと言えばリーガン優勢の試合ではあった。

終盤、フィニッシャーが反撃のクローズラインを放つも、リーガンは耐える。フィニッシャーは続け様にクローズラインを連発し、ロープにもたれかかって耐えていたリーガンと共にリングサイドへと落ちる。レフェリーがカウントをはじめる中、両者は立ち上がり殴り合う。フィニッシャーのパンチをかわしたリーガンは背後に回って、ジャーマンの体勢になる。しかし、フィニッシャーは手を掴んで抵抗し、エルボーを放つ。その瞬間、フィニッシャーは怯んだリーガンから距離をとって、カウンターのスーパーキックを放つ。だが体力の消耗が激しく、フィニッシャーはその場に倒れ込む。その間にもレフェリーのカウントは続く。フィニッシャーはなんとか立ち上がって、リーガンが起き上がるのを待ち構える。フラつきながらも起き上がったリーガンにフィニッシャーは渾身のスピアーを決める!!両者ともその場でダウン、ついにレフェリーは10カウントを数え、両者リングアウトとなった。

連勝街道を進んでいたリーガンであったが、ここでついに引き分けとなり、その勢いに休止がついた。だがそれと同時にフィニッシャーはDESTINYでリーガンと引き分けた唯一の存在となったが、その代償は初戦敗退という、非常に重いものだった。

優勝候補が共に初戦敗退となるという波乱な展開となったドリーム・ロード・トーナメント。しかし、両者はこのままテーマなき大舞台インフェニティ・ポッシブルを迎えるのかと憂慮されたが、それは杞憂に終わった。その先陣を切ったのはリーガンだった。

ドリーム・ロード明けのBRAVEでマイクパフォーマンスを行う。

リーガン「俺はここに来てから、さまざまなヤツらをブチのめしてきた。俺に敵うヤツなんて誰もいやしねぇ。だが、ついこの前に俺と戦ってブチのめされながらもなんとか逃れられたヤツがいる。そいつはあくまでルールに助けられたにすぎねぇ。ここでハッキリさせてやる。DESTINYはフェイクだ(この発言は物議を醸し、フェイク発言事件と呼ばれる)。俺こそがホンモノだ。リアルなんだ。俺は世界中にDESTINYがフェイクだと暴いてきたんだ。そもそもヤツは前にケンカを仕掛けられて何も出来ず、ぶちのめされた野郎だ。そんなヤツにこの団体を引っ張っていく資格はあんのか?俺だったら、いつケンカを仕掛けられても返り討ちにしてやるぞ!おい、みんな気づいてんだろ?この団体を引っ張って行くべき人間はニセモノじゃない、ホンモノである俺だということを。」

そこにフィニッシャーがやって来る。

フィニッシャー「おい、不用意な発言はやめた方がいい。いいか、俺たちはフェイクじゃない。フェイクのために命を賭けているヤツはここにはいない!いくらお前が凄いヤツでもその言葉は聞き捨てならん!!正直言えば、俺はお前を認めていた。お前の積み上げてきた功績はお前がどんな人間であろうと覆せないものだ。だが、お前はここにいながらここが気に入らないのか?だったら、この俺が代表してお前を潰すぞ!」

リーガン「待て待て。お前は前にケンカに負けたヤツだろ?そんなヤツが偉そうに言っても説得力はない。」

フィニッシャー「じゃあ、俺とやりたくないのか?どうやらお前からすれば、俺はルールで逃れられたヤツらしい。おい、お前は俺と決着をつけたいんだろ?どうなんだ?」

リーガン「そうだ。今度は俺から逃れられないぞ。ルールはノーDQでどうだ?前のようにリングアウトもない、反則もない。ホンモノのケンカだ。ボコボコにやり合うだけだ。」

フィニッシャー「分かった。それで行こう。だが、覚悟しろよ。お前がいくら勢いに乗っていようが、この一戦で負けたら、その勢いは一気に失うことになるぞ!!ビビるなよ!!」

突如、リーガンはタックルを決め、パウンドを浴びせようとするが、フィニッシャーはガード。なんとか逃れたフィニッシャーはリーガンに殴りかかり、両者掴み合いとなる。そこにレフェリー達や大勢のレスラーが止めに来る。両者は一旦、引き離されるが、隙を見てレフェリー、レスラー達をかき分けてながら突進し、殴り合いからの掴み合いとなる。再度、引き離されたリーガンはその場を後にする。フィニッシャーは囲まれながら、コーナーにもたれかかり、昂る感情を抑えていた。

試合の結果

入場の際、リーガンは"リアル・ファイター ニック・リーガン"とコールされる。

ノーDQマッチながら、お互いに凶器を使用せず、激しい肉弾戦となった。ゴングと同時にリーガンはタックルを決め、パウンドを狙うがフィニッシャーはカードしながらなんとか逃れる。そしてお互いに殴り合う。しかし、打撃に関してはリーガンの方が上手(うわて)である。リーガンは腕ひしぎ逆十字、キムラロックなどの"実戦系"の関節技を積極的に狙ってくるが、ロープブレイクがないため、フィニッシャーは全力で回避する。場外乱闘になると、リーガンはベリー・トゥ・ベリーやジャーマンで投げる。フィニッシャーも負けじと、同じ技で投げる。リーガンはフィニッシャーを抱え、実況席に向かってオクラホマ・スタンピートを敢行!実況席は破壊される。リーガンはフィニッシャーをリングに戻そうとするが、電光石火のスーパーキックを食らう!形勢逆転をしたフィニッシャーは防護壁にもたれ掛かるリーガンに向かってスピアー!その衝撃で破壊される防護壁!!終盤、両者はリングで戦い、フィニッシャーはリーガンにDDT!カバーをしようとするフィニッシャーだが、突如リーガンは必殺技の三角絞めを決める!!しかし、フィニッシャーはその体勢のまま持ち上げて、パワーボム!それでもリーガンは離さないため、フィニッシャーは2度目のパワーボム!!リーガンはついに技を解くが、フィニッシャーも体力を消耗しており、お互いにダウン。先に起き上がったフィニッシャーは必殺技のフィニッシャー・バスターを狙うため、リーガンが起き上がるのを待ち構える。起き上がったリーガンにフィニッシャーはバスターの体勢に入るが、リーガンはエルボーでブロック。そしてリーガンは必殺技のパワーボム(リーガンのパワーボムは相手の内股から腕を絡ませて、一気に持ち上げるタイプのモーション)でフィニッシャーは持ち上げるが、その瞬間、フィニッシャーはカウンターのギロチン・チョーク!リーガンの腰に両足を挟んで、そのまま全力で締め上げる。リーガンは膝をつき、徐々に力を失って失神!フィニッシャーの失神KO勝ち!!

・メインイベント DESTINY王座戦 ファルコン(c) vs シャックス

抗争・試合の経緯

元DESTINY王者でありながら、トーナメントではフィニッシャーとリーガンが優勝候補とされ、実力者ながらあまり期待されていないシャックスであったが、蓋を開けてみれば優勝者はシャックスだった。本来ならばトーナメントの並び上、優勝候補の2人のどちらかと2回戦で当たる予定であったものの、その2人がリングアウトで初戦敗退したことにより、不戦勝で準決勝に進出。決勝戦はエリックに対するエンターテイナーの妨害もあって勝利。運が続いたシャックスにファンからは棚ぼた優勝と揶揄されたものの、前述の通り初戦の相手ポセイドンと、準決勝の相手ウェイストランド・キングをクリーンファイトで破っている。また、シャックスはファルコン戦に向けて新技デビルズ・ショット(コンプリート・ショット)をBRAVEの試合で披露していた。

一方、DESTINY王者のファルコンはPPVのドリーム・ロードで挑戦者ブレイン・ジャックを破り、その勢いは止まることを知らなかった。前述の通り、ファルコンとシャックスは以前に因縁があり、お互いの手を知り尽くしている部分もあるが、元々ファイト・スタイルも似ているため、インフェニティ・ポッシブルの両者の一戦は好勝負が期待された。

試合の結果

破壊された実況席、防護壁という前戦の荒々しい試合の傷跡を残す中、両者は睨み合い、ロックアップから幕を開ける。ファルコンはシャックスにヘッドロックをかけるが、シャックスはそのままロープに引き寄せてブレイク。ファルコンはロックを解き、レフェリーに向かって両手を上げてクリーンブレイクとアピールするが、シャックスはビンタして挑発。だが、ファルコンはその挑発には乗らなかった。ファルコンは向かってきたシャックスにアーム・ドラッグから続け様のシングルレッグ・ドロップキック!シャックスが起き上がった瞬間にも連続で放つ。シャックスは技を受けると共に転がりながら、リングからエスケープ。リングサイドを歩き、ファルコンの様子を伺う。ファルコンもリングから降りてシャックスを追いかけるが、シャックスが先にリングイン。そして、後からリングインしてきたファルコンにドロップキック!起き上がったファルコンをロープに振って、ティルトワール(風車式)・バックブリーカー!シャックスはカバーするが、カウント2。そのままシャックスはファルコンにグラウンド・ヘッドロック。ファルコンは膝をつきながら少しずつ立ち上がり、シャックスのみぞおち付近にエルボー連打。ついに技を解くが、シャックスはすぐさま引き戻して、ノーザンライト・スープレックス!!シャックスはブリッジしてフォール。ファルコンはカウントは2で返す。その体勢のまま、ファルコンはシャックスの両手を掴む。肩がついたままなのでその間もカウントを取られるが、カウント2で上体と共にシャックスを起こし、そのままシャックスと共に身体を一回転させつつ、腕をシャックスの両肩に回してバックスライドでフォール。だがカウントは2。シャックスを立ち上がらせて、ヨーロピアン・アッパーカットを2連発。シャックスを得意技のファルコン・アローで持ち上げるが、シャックスは背後に着地。シャックスはファルコンをそのポジションのままロープまで押し込み、オコーナー・ロール!ファルコンはシャックスを跳ね飛ばすようにカウント2でカバーを返す。両者は距離を取る形となり、シャックスは走りながらクローズラインをするがファルコンはかわし、そのままロープに向かって走り、シャックスにリバウンドのフライング・クローズラインを食らわす!

中盤、ファルコンはローキックでシャックスに片膝をつかせてエンズイギリ。ファルコンはトップロープを両手で掴んで、ジャンプしながらエプロンサイドに着地、そのままコーナーに上がり、ダウンしているシャックスが起き上がるのを待つ。そして、起き上がったシャックスにローリング・セントーンを放つが、かわされ自爆。シャックスはファルコンを起き上がらせ、シャックス・ドライバーを狙い、ファルコンを垂直に持ち上げるが、ファルコンは片膝でシャックスの頭を蹴る。シャックスは怯み、そのまま着地するファルコン。そして、ファルコンは必殺ファルコン・クラッシュ(コード・ブリーカー)を炸裂させる!そのままシャックスをカバーするが、カウント2!!

終盤、ファルコンはムタロックでシャックスを苦しめる。しかし、シャックスはギブアップせず、なんとか這ってロープブレイク。ファルコンはシャックスにスナップDDTを仕掛けようとするが、かわされ、スクール・ボーイで丸め込まれるが、カウント2!シャックスはファルコンが起き上がろうとした瞬間に胸めがけてキックを3連発!そして、ふらふらになったファルコンをコーナーに振る。シャックスはコーナーにもたれ掛かったファルコン目掛けてランニング・エルボースマッシュ!怯んだファルコンをコーナーに上がらせ、そこからスーパー・ハリケーンラナを敢行!!シャックスはカバー!しかし、カウント2!!シャックスはファルコンが起き上がるのを待ち構え、ハイキック!!だが、ファルコンはかわしてカウンターのファルコン・クラッシュ!カバーするが、またしてもカウントは2!!ファルコンは再度、ファルコン・クラッシュを敢行するが、シャックスはその体勢のままキャッチ。ファルコンを両膝ごと抱えた状態のため、一旦、足を下ろさせる。しかし、それは新技デビルズ・ショットの体勢。ファルコンは勘づいてシャックスの頭にエルボーをヒットさせブロック。ファルコンはファルコン・アローを狙うが、シャックスはまた背後に着地、そのポジションのままロープに押し込んで2度目のオコーナー・ロールを狙うと思われたがフォールせず、そのまま距離を取って待ち構える。振り返ったファルコンにシャックスはランニング・デビルズ・ショット!!さらに続け様のSDMを決める!!シャックスはファルコンをカバーし、カウント3。シャックスの勝利、新DESTINY王者となる。